スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

セレナの自動車保険選びとコールセンターのきちんとした対応

事故をお越した際に、受付を行なったくれるところを、コールセンターと呼びますが、配属されているスタッフの方達の対応から、保険会社を決定したり、変更したりする加入者の方も少なくありません。
まさしく、コールセンターは会社の顔と言ってもおかしくありません。最近では、加入者に対する対応力を歌い文句にした会社が増えてきていて、よくテレビのコマーシャルなどでもよく耳にしたりする事が多くなっています。
そう言った保険会社の、お客さま満足度を見ても分かりますが、ほとんどの会社が90%以上の満足度という実績を挙げられています。
私が加入している自動車保険会社は、江戸時代からという長い歴史と実績を積み重ねられている保険会社なのですが、私としては満足しています。
少し前に、物損事故を起こしてしまい、事故当時は本当に慌てるだけで、周りが何も見えなくなってしまっていました。
しかし、事故を起こしてしまったという連絡をすると、とても親切に、そして丁寧に対応してもらう事が出来、心を落ち着かせる事が出来ました。
その後も、相手の方にはもちろんの事、私にも、途中経過を丁寧に教えて頂いたり、処理を行なってくれました。
お陰さまで、相手の方とも、揉める事なくスムーズに、事故解決をする事が出来ました。
コールセンターでは、事故の受付だけではなく、見積もりを作成したり、契約の申し込みに対する受け付け、契約に関する情報提供や更新、変更なども行なっています。
また、定期的に講習や研修を行なって知識を習得したり、お客様に満足してもらえるように情報収集を行い、その結果に基づいて会議などが開かれたりもしています。
最近では、ダイレクト保険会社が増えてきていますが、そういった会社では、お客様との対面を行う事がほとんどないため、どれだけの情報をきちんと伝えられるかという事にも力を注いでいます。
その理由とは、お客様から問い合わせを受け付けた時に、きちんと答えられなかったり、伝えられなかったりする事は、クレームや両者との間でトラブルを招いてしまったりなど、不愉快な思いをさせてしまう事に繋がるからです。
自動車保険のオペレーターとして採用された場合には、最初の1ヶ月間は実際の業務を行わず、知識を習得するための研修を行なっている会社もあります。
段階を上げる期間を決めて、それに応じた研修内容の難易度を上げていき、全体的にミスが多い項目などは、研修生全員で学び直したり、個人別の欠点もそれぞれ学び直します。
このように、きちんとした保険会社に加入する事で、きちんとしたオペレーターの方の対応が受けられる事が出来ると言えます。




JUGEMテーマ:車の維持費削減!



スポンサーサイト